ライフハック

貯金ができない人こそ500円玉貯金がおすすめ!やり方やコツはこれ!

貯金をしてみたいけど、金銭的に余裕がない…何かいい方法はないかな
500円玉貯金にメリットはあるの?効率悪くない?

500円玉貯金は誰でも始めやすく、続けやすい貯金方法です。貯金初心者さんや貯金が苦手な人にもおすすめの方法といえるでしょう。

でも、どれぐらい貯まるのか?どうやったら成功するのか?それが分からないことには始めづらいですよね。

ということでこの記事では、

  • 1カ月でどれぐらい貯めれるかの目安
  • 500円玉貯金のメリットやデメリット
  • 継続して貯めていくコツ

などを詳しくご紹介します。

これを読み終わる頃にはきっと500円玉貯金を初めてみたくなっているかも!

それではいってみましょう。

目指せ貯金成功!ついつい貯金したくなるおもしろ貯金箱7選 いえいえ、貯金を成功させるためには、貯金箱選びも重要なポイントなんです。 ただ単に人気だから使うのではなく、自分が...

そもそも500円玉貯金とは?

500円玉貯金は、読んで字の通り「500円玉を貯金していく」というものです。

実はこの貯金方法、貯金が苦手な人や貯金ができない人におすすめしたい方法でもあります。

というのも、貯金が苦手な人やできない人の傾向としてよくあるのは

  • 貯金できるほどの金銭的余裕がない
  • 貯金するはずだったお金をつい使ってしまう
  • 節約が苦手で、あればあるだけ使ってしまう

などです。当てはまる方結構多いのではないでしょうか?

社会人が貯金をするときのイメージとして、大きな額を一度に貯める!というイメージをする人もいるでしょう。

そのため、「自分はそんなことできない…」と貯金を諦めてしまっている人もいるはず。

しかし、一度に何千円・何万円の貯金は無理でも、500円ずつなら、なんとなく始められそうな気がしませんか?

貯金への精神的・金銭的ハードルを下げつつ、いつでも気軽に始められるという点が、貯金が苦手な人に500円貯金をおすすめする理由です。

でも…500円玉貯金って効率悪くない?

500円玉貯金って、あんまり大きな額は貯金できないんじゃない?
500円ずつ貯金していくのって正直効率悪くない?

毎月数万円貯金していくのに比べると…確かに効率は悪いし、一度に大きな額にはならないかもしれません。

しかし、今まで貯金できていなかった人が少しずつでも貯金できるようになることを考えてみてください。それってすごいことなんですよ!

なので、500円玉貯金は今後大きな額を貯金するための練習or最初のステップと考えると良いかもしれません。

そんな「効率が悪い」という声もある反面、500円玉貯金を続けている人の中にはすごい額になっている人が多いのも事実です。中には気づけば30万円貯まっていた!という人も。

少しシミュレーションをしてみましょう。

例えば週に500円玉を3枚貯金するとして、

500円×3枚=1500円

これを1ヶ月(約4週)に換算すると

1500円×4週=6000円

1年(12カ月)で貯まる額は

6000円×12ヶ月=72000円

なので、1年で約7万2千円も貯金できることになります。

これなら、もっと頑張れば1年に10万円貯金するのも夢じゃないですね!

他に貯金している人は「もしもに備えての貯金」としてチャレンジするのもおすすめ。冠婚葬祭や病院などの急な出費に備えておくと安心です。

500円玉貯金のメリット

さて、だんだん500円玉貯金をやってみたいと思いはじめた方もいるのではないでしょうか?

そんなあなたへ、続いては500円玉貯金のメリットを2つご紹介します。

まず1つ目は、すぐに始めやすい点にあります。だって、何かの容器(!?)に500円玉を入れたらそれで貯金開始ですからね!

まだ自信がない人という人は、貯金箱の代わりにお菓子の缶やビンなどを使用して、お試しで1ヶ月やってみることをおすすめします。

もしもそれで続けられそうなら本格的に貯金箱を購入する…という流れが良いでしょう。

2つ目のメリットとしては、貯金が苦手な人や一度に大きな額を貯金する余裕がないという人でも継続しやすいということが挙げられます。

コツコツ500円玉を貯めていくと、

  • 500円玉の重みが日に日に増していく感覚が嬉しい
  • どんどん重なって貯まっていく様子にワクワクする

というように、自分のやったことが目に見えるので、ゲーム感覚で楽しみながら貯金できますよ。

500円玉貯金のデメリット

デメリットをあげるとすれば、500円玉貯金は、カード派の人にはなかなか難しい貯金方法だということ。

カードから現金に持ち替えなければいけないのがデメリットではありますが、現金を持ち歩くと自分がどれくらい使っているのか目に見えて分かるので節約に繋がり、結果的に貯金額も増えるでしょう。

また、冒頭でもお伝えしたように、一度に大きな額を貯金していきたい人には向かない方法でもあります。

継続するために必要な500円玉貯金のコツは3つ

ここまでで「チャレンジしてみよう!」と感じた方へ、最後に500円玉貯金を継続するためのコツを3つご紹介します。

コツといっても、難しいテクニックなどは一切ありませんのでご安心を。

  1. 自分の性格にあった貯金箱を使う
  2. 貯める期間を設定する
  3. 500円玉を貯金するタイミングを決める

以上の3つのみ意識すれば、自然と500円玉貯金を成功させられるでしょう。

自分の性格にあった貯金箱を使う

500円玉貯金を成功させる第一歩として、まずは自分に合った貯金箱を選ぶようにしましょう。

例えば、

  • つい途中で貯金箱を開けて使ってしまう → フタのない貯金箱
  • モチベーションを保つのが苦手 → 透明な、中身の見える貯金箱
  • そもそも貯金するのが面倒くさい → ゲーム感覚で貯められる貯金箱

というように、自分がこれまでやってきた貯金の失敗談や自分の性格を考慮した貯金箱を見つけてみてください。

自分に合った貯金箱を探したい方はぜひコチラの記事もどうぞ。

目指せ貯金成功!ついつい貯金したくなるおもしろ貯金箱7選 いえいえ、貯金を成功させるためには、貯金箱選びも重要なポイントなんです。 ただ単に人気だから使うのではなく、自分が...

貯める期間を設定する(使い道も決めておくとさらに◎)

貯金を始める前に、どれくらいの期間貯金をするか(いつ貯金箱を開けるか)を設定しておくのも成功のためのポイントです。

  • 毎月、月の最終日に開けて銀行口座に預けにいく
  • 1年経ったら開けて、車などのローンの返済にあてる
  • 5年貯め続けて、一気に開けて達成感にウハウハする

あくまで上記は例ですが、こんな感じです。

また、「何のために貯金するか」を決めておいた方がモチベーションを保てる人もいるのではないでしょうか?そんな時は期間の他に、貯金の目的まで決めておくのもおすすめです。

500円玉を貯金するタイミングを決める

500円玉貯金を成功させるコツ3つ目は貯金するタイミングを決めること。

つまり、「500円玉を貯金箱に入れるのはいつ・どのタイミングにしますか?」ということです。

私の場合は、「毎週日曜日(1週間の終わり)にお財布の中に入っている500円玉を貯金する」ようにしています。

これよりももっと早く貯めていきたい人は

  • 毎日、家に帰ってお財布を開いた時に入っている500円玉を貯金

というふうにすれば良いでしょうし、そんなの忘れちゃうよ!って人は

  • 思い出したとき
  • ふと家で財布を開いた時に500円玉があった場合

など、ゆる〜くやっていくのがおすすめです。

これ以外にも、ぜひ自分に合ったタイミングを探してみてください。

500円玉も積もれば…まずは500円玉貯金から始めよう!

最後に改めて言いますが、

少しずつだとしても、今まで貯金ができなかった人ができるようになるだけで大きな進歩!すごいこと!

です。これ本当ですよ!!一歩一歩、確実に進めていきましょ。

貯金を始めてみたい人や、500円玉貯金でどれぐらい貯まるか試してみたいというチャレンジ精神豊富な人はぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。