エンタメ

カラオケ上達への道…私が点数を5点アップさせた方法はこれ!

  • カラオケでうまく歌いたい…
  • せめて今よりマシにしたい…

今回は上記のような悩みを持つ人のための記事となっています。

ズバリ、今回ご紹介するのは

  • カラオケで点数を5点上げる方法

です。

私は学生時代からカラオケが好きだったのですが、得点が思うように伸びないのが悩みでした。

ソルト
ソルト
な、なんとかせにゃならん…!

思い立った私はカラオケの特訓を開始しました。

  • 手に豆ができるほどマイクを握り……
  • 喉がすり切れるほど歌い……

…はしなかったのですが、そのくらいの心意気で練習しました。

その結果、80点前後だったところから、練習後は平均85点を安定して取れるように!

「たった5点かよ…」と思いますよね。でもちょっと考えてみてください。

▼ 65点だった人が70点

▼ 85点だった人が90点

こう見るとすごく大きな進歩に感じませんか?数字のマジックではありますが…!

採点システムを使わない人でも、

もう少し上手く歌いたいな〜

と思っているのであれば、試してみる価値はあると思います!

前置きはこのぐらいにして、早速見ていきましょうか。

危険?楽しい?経験者が語る!ひとりカラオケの魅力今や人口がじわじわと増えている「ひとりカラオケ」。 私は数年前からひとりカラオケのかなりの愛好者です。 そんな狂ったようにひ...
この記事がおすすめな人
  • 今よりもカラオケでうまく歌えるようになりたい人
  • カラオケで今よりも得点をとりたい人

カラオケで5点アップさせた方法を一挙公開

カラオケ特訓をするにあたって、たくさんのサイトを見たり、歌の上手い友達の技を盗んだり、それはもう色々試しました。

ソルト
ソルト
「初心者向け」って書いてるけどこれ全然初心者に向いてない!
ソルト
ソルト
これ良いかも!でもちょっと分かりにくい…こうすれば良いのかな?

そんな感じで、自分に合ったものを取捨選択していきました。

今回ご紹介するのは、実際に自分がやっている(やっていた)ものです。

あの時の自分のように、歌が上手くなりたいと頑張っている人の参考になれば良いな。

今回はそんな想いで書いていきます。

3つのレベルに分けて書いていくので、ぜひレベル1から試していってください。

これから紹介していく方法を行うときのポイントとしては

  • 一気に全部こなそうとしないこと

です。

結構多いので、ブックマークしたりしてゆっくり読んでくださいませ。

焦らずに、自分ができる範囲で、無理なくやっていきましょうね。

レベル1

まずはレベル1からいきましょう!

とりあえずこれをやれば安定感が出るんじゃないかな?ってものを集めています。

歌いたい歌を何回も聴きまくろう

ここってこんな音程だっけ?
子供の頃の歌のイメージと違うな〜

人の記憶って意外と曖昧で、昔の記憶で歌っていると、意外と音程やリズムを間違えて覚えていることがあります。

そのため、まずは歌いたい歌を「これでもか!」ってぐらい聴き込んでみてください。

原曲をしっかりと把握しておくだけでも、音程やリズムが取りやすくなりますよ。

肩の力を抜こう

上手く歌おうとすると、知らないうちに身体に力が入ってしまいます。

身体に力が入った状態で歌うと、上手く喉が開かなかったり、いろんなデメリットが生まれてしまうのです。

ということで、歌う前にまずは身体の力を抜きましょう!

そう言われても、力を抜く方法分かんないんだけども…

そんな時には、この方法をお試しください。

  1. 歌う前に、大きく深呼吸
  2. 肩を上にぐーっと上げて、ストンと脱力する

こちらは私がカラオケでよくやる体操です。

この2ステップだけでも、かなり歌いやすくなりますよ。試してみてくださいませ!

テクニックよりも先に音程を意識しよう

カラオケで歌うなら、やっぱりビブラートとかフォールとか、テクニックを入れて歌いたくなりますよね…!

ソルト
ソルト
だって出来たらかっこいいもんね

ですが、レベル1の時点では…まだ我慢なのです…!

テクニックを意識して歌うと、ついつい音程がおろそかになってしまいます。

ビブラートをすれば確かに得点に技術点が加算されますが、それは基本ができてからの話です。

テクニックは後で学ぶとして、今はとにかく音程を合わせることから始めましょう。

ちょっとした小話

私の知り合いで、毎回88点とか90点をバンバン叩き出す子がいるのですが、その子の得点にはテクニック点はほぼ加算されておらず、音程で得点を稼いでいました。

これに気づいたとき、私はそれまでやっていた下手なビブラートをやめました。

ソルト
ソルト
でも!いつかはビブラートをマスターしてみせます…!

喉を開けて歌おう

  • 歌うとき、苦しいなって感じることはありませんか?
  • サビで喉がキュッと閉じてしまう感覚がありませんか?

これらを解決する方法は、喉を開くことです。

喉を開いて歌うのが大切っていうのはよく聞きますね。私がいろんなサイトを覗いたときにもほぼ書かれていました。

でも…

 喉開くって何!?やり方わかんねーよ!!

めちゃくちゃ悩みました。書いてあっても、難易度が高いものばかり…自分不器用ですから…!

その中で、私が唯一できたのはこちら。

  • 思いっきりあくびをする

…な……

なるほどな!?分かりやすい!!

喉を開く練習、そして喉を開く感覚を掴むために、思いっきりあくびをしてみましょう。

あくびをする「ふり」でOKです!

歌うときには、その時の感覚を思い出して喉を開いてみてください。

ソルト
ソルト
私はこの方法でかなり歌いやすくなりました!

エコーをかけないで歌ってみよう

  • お風呂で歌うと、なんだかいつもより上手く聞こえる!

そんな経験ありませんか?その理由はお風呂に反響するからなのです。

それと同じ理由で、カラオケのエコーが効いていると、本来よりも歌が上手く聞こえるような…そんな感じがしませんか?

そのままでは、どこが悪くて、どこが上手く音程が取れていないのか?が分かりにくいです。

ということで、エコーを0にして歌ってみましょう。

しかし、人とカラオケに行っているときにやるのは避けたほうがいいですね…

この練習をする時には「1人カラオケ」がおすすめです。

エコーに頼らずに、自力で上手くなってやりましょう!

危険?楽しい?経験者が語る!ひとりカラオケの魅力今や人口がじわじわと増えている「ひとりカラオケ」。 私は数年前からひとりカラオケのかなりの愛好者です。 そんな狂ったようにひ...

顔でかっこつけるのをやめよう

歌ってる時って、かっこいい顔して歌いたくなりませんか?

ソルト
ソルト
…あれ?私だけ?

とりあえず、同志がいる前提で話を進めていきます。

かっこよく歌いたい気持ちはとても分かりますが、歌う時に顔を気にするのを一回やめてみましょう。

歌手やアイドルの方が歌っている様子を改めて見てみると、意外と顔を崩して歌っていることが多くないですか?

私の好きなアイドルも、「これは歌唱力で勝負する楽曲だな〜」って曲ではいつものプリンススマイルを置いて、全力で歌っています。

むしろ、それがかっこよかったり…(照)

私が歌うときにも、顔を気にしていると上手く筋肉が使えずに音程を外してしまうことがあったので、これは意外と重要なポイントかもしれません。

というか、意外とそこまで顔って崩れてないことの方が多いですよ

声の大きさを小さくしてみよう

  • 「声を出さなきゃ」って意識しすぎて、声の大きさはOKだけど音程外しまくり

これ、私の経験です。

採点の音程バーがあっちこっちに行って恥ずかしかった…!

私みたいな人結構いませんか?

声張るのって体力を使うので、慣れていないと後半でバテてしまい、さらに音程が迷子になってしまうことも…。

初めのうちは、小声〜日常会話レベルの声で歌ってみるのがおすすめです。

  1. 家にいる時に口ずさむ
  2. お風呂で歌ってみる
  3. 好きな歌を聴きながら一緒に歌う

これなら、カラオケに行けない日にも練習できますよね。

落ち着いて歌おう

これは私の勝手な持論なんですが、歌う時に「丁寧に、1音1音大切に歌う」ことで、結構音程がとれたんです。

個人的に、これができてから結構歌い方が変わりました。

歌う時に、テンポについていくのに必死で、丁寧に歌えていないときはありませんか?

1度騙されたと思って、焦らずに、落ち着いて歌ってみてください。

自分で思っているよりも、その歌のテンポは遅いかもれませんよ。

自分なりでいいので、「丁寧に歌う」ことを心がけてみてくださいませ!

レベル1.5

レベル1終了!お疲れ様でした!

かなり多くて大変でしたよね…では、ここでちょっぴり休憩しましょう!

続いてはレベル1.5です。

レベル1よりはステップアップできるけど…レベル2よりは難しくない!そんなステップです。

体でリズムをとって歌おう

歌う時に余裕が出てきたら、体でリズムを取りながら歌ってみましょう。

リズムを取ることに集中しすぎて、歌ってる最中に不審な動きになっちゃったら大変なので、余裕がある人はお試しくださいね!

自分の歌声を録音してみよう

歌に自信が出てきたら、自分の歌声を録音してみましょう!

「ここで毎回声が裏返るな〜」とか、「あれ?こんなに音程ずれてたんだ」など、歌っているだけじゃ気付かなかったことが見えてきます。

スマホの録音アプリを使用すると簡単に録音できるので、やってみてくださいね!

レベル2

それでは!レベル2にいってみましょう!

レベル1よりも少し難易度が上がるので、まずはレベル1をマスターしてから始めてくださいね。

自分の声に合った歌を見つけよう

歌うことに慣れたら、いろんな歌を歌っていきましょう!

その中で

  • これは歌うの苦手かも…
  • これ歌いやすい!

というように、得意なジャンルや曲調を見つけていきましょう。

その中からさらに「歌いやすい歌」を見つけられたらラッキー!

それが巷でウワサの「十八番(おはこ)」です。

十八番:カラオケでは「得意な歌」「持ち歌」的な意味で使われます

感情を入れて歌ってみよう

歌っている時に、余裕が出てきたなと感じたら、感情を入れて歌ってみましょう。

これは賛否両論あるのですが…私がこれをおすすめする理由はこちらです。

  • 感情が乗るので無意識に抑揚ができる
  • 純粋に楽しい

カラオケは本来楽しむものです。少なくとも、私はそう思います。

ということで、ここら辺で原点回帰しましょう!

レベル3

それでは…レベル3をみていきましょう。

こちらは、カラオケで点数が取れるようになって、さらに上を目指したい人のためのステップになります。

テクニックを磨こう

カラオケで得点が取れるようになったり、自分で納得できる歌い方になったら、次はテクニックを磨いてみてはいかがでしょうか?

カラオケの得点には技術点があり、テクニックや抑揚を磨くことで通常の点数にプラスして加算されます。

  • ビブラート
  • こぶし
  • しゃくり
  • フォール

加算点が少ないものもありますが、ここら辺を磨くことでさらに点数が入るのです。

テクニックを磨くには、Youtubeの動画やカラオケのコンテンツに入っているカラオケ講座を観て学ぶ独学や、ボイトレなどができるスクールに通うなどの方法があります。

ソルト
ソルト
私はYoutube動画にて今特訓中です!一緒に頑張りましょう!

番外編:些細な部分にも気を配ってさらに点数UP!

カラオケの得点をアップさせるためには、「歌う」以外のことでも気を配ることをおすすめします。

ということで、カラオケに行ったら試してほしいことを3つご紹介しますね。

水分補給のドリンク選びにも秘密がある

 

腹が減ってはカラオケできぬ

 

アフターケアを怠っちゃダメ

 

コツを覚えて…早速カラオケへGO!

今回は、私がカラオケ採点で5点アップさせた方法をご紹介しました。

全てをやろうとせず、できそうなものだけつまみ食いするのもOKなので、ぜひ自分のペースでチャレンジしてみてくださいね。

それでは!