人間関係

聞き上手の極意をマツコ・デラックスさんから学ぶ!

マツコデラックスさんといえば、今やいろいろなバラエティ番組で司会をしていて、見かけない日はないぐらいの人気芸能人です。

私は、マツコさんがこれほどまで人気になった理由に「聞き上手」という点があると思います。

今回は、マツコさんから学ぶ「聞き上手になるための極意という内容で書いていきます。

【注意】話がつまらない・面白くない人の特徴って?あなたは、人と話すときに意識していることなどはありますか? では、人と話すときに「この人苦手だな…」という人は? 今回は話が...

マツコ・デラックスさんから学んだ聞き上手の極意4つ

マツコさんは番組で司会を務めることが多くあります。

司会をよく任されるということは、マツコさんが聞き上手であるという裏付けにもなりますよね。

ソルト
ソルト
もちろん頭の回転が速いとか、面白い人であるからだとか、他の理由も作用してのことだと思いますが…!

たくさんのマツコさんの魅力のうち、今回は「司会力」に焦点を絞り、「聞き上手の極意」を学んでいきましょう。

今回紹介するポイントはこちら。

  1. 相手の近況を聞く
  2. 相手の話を引き出す能力が高い
  3. 相手の話に興味を持つ努力をしている
  4. 自分の話をうまく入れている

それでは、詳しく解説していきます。マツコさんから聞き上手になるための技を盗んでいきましょう!

相手の近況を聞く

「月曜から夜更かし」という、マツコさんが関ジャニ∞の村上さんと一緒に司会をしている番組があります。

その番組内でマツコさんは

「アンタ最近〇〇したらしいわね」
「この前も■■■って言ってたじゃないの!」

というように、会話の中に村上さんの近況についての話題を盛り込んでいることがあります。

話し相手とSNSで繋がっていれば会話の中で触れてみたり、「この前言ってた映画は観に行ったの?」と、前に会ったときに話した内容についての話をすると、相手から会話を引き出せます。

相手について知りすぎていると怖がられてしまうので注意が必要です。会話の最初に1度使用する程度にしましょう。

相手の話を引き出す能力が高い

「マツコの知らない世界」を観ていて思いました。

ゲスト「これは卵です!」
マツコさん「パッと見、卵っぽくないわね…なんの卵?」
ゲスト「これはダチョウの卵なんです!」
マツコさん「普通の卵とは何が違うの?」

※あくまで例文です。イメージです!

このように、相手が話していない情報を補足して聞き出すのがマツコさんは上手いと感じます。

相手の話に興味を持つ努力をしている

マツコさんは

相手の話に興味を持つ努力

をしているなと感じます。

例えばあなたが誰かと話すときに、

「ふーん」「そうなんだ」「なるほどねー」

というような相槌だけの、明らかに自分の興味がないような人と話していて楽しいでしょうか?

ソルト
ソルト
自分がされて嫌なことは相手にやらない!

自分の話をうまく入れている

マツコさんは人と話すときに、自分の話を上手く入れていると感じます。

でも、よく「自分の話ばかりしちゃダメ」なんて声を聞くことがありますよね。

確かに、自分の話ばかりするのはNGです。

しかし、上手く自分の話を入れていけば、相手に心を開いてもらったり、仲良くなれることがあるんです。

例えば、化粧品についての話になったら、おそらくマツコさんは

「私もその化粧品使ったことあるわよ〜。肌に馴染んでかなり良かった覚えがあるわ」

的な感じで、上手く話を展開していくのではないでしょうか。

聞き上手になるには、自分の話と相手の話を聞く割合が3:7くらいだとちょうどいいと思います。

まとめ

今回は、マツコさんに学ぶ「聞き上手の極意」というテーマでお話をしてきました。

私は数年に渡って接客業のお仕事をしていたのですが、マツコさんの会話術は結構参考にさせてもらいました。

あなたもぜひマツコさんの番組を、ぜひ会話に注目して見てみてください。

それでは!