暮らし

燃えるゴミを出し忘れた!そんな時の対処法を教えます【臭う…】

ソルト
ソルト
生ゴミ…出し忘れました…

理由は簡単、寝坊です。

私と同じような人は意外と多いんじゃないでしょうか…?

しかも私が出し忘れたのは夏場…。

夏場にゴミを出し忘れると

  • 匂い
  • 虫がわく
  • 生ゴミの腐敗

ここら辺が気になりますよね…!

夏場の燃えるゴミの出し忘れはかなり絶望的です。

しかし、とりあえず次のゴミ収集の日までなんとかしないといけません。

今回は夏場にゴミを出し忘れた私が、乗り切った方法をご紹介します!

今まさに絶望中のあなた、ぜひお試しくださいね。

燃えるゴミの日…寝坊した!

ゴミの出し忘れ…特にショックなのは燃えるゴミ(生ゴミ)じゃないでしょうか?

夏場の燃えるゴミは他のゴミに比べて臭いもするうえに虫も発生しますし、出し忘れは致命的。

それでは、そんな時の対処法を解説していきます。

①ゴミ袋の口を縛る

まずはゴミ袋の口を縛りましょう。

臭いを外に漏れさせている限り、部屋が臭くなってしまいますし虫もどんどん発生します。

でも、ゴミ袋を縛っただけではまだ臭いが漏れてしまいます…!

ソルト
ソルト
どうすりゃ良いのさ…

そう思いますよね?

ご安心ください、まだ手はあります!

②ゴミ袋を重ねる

ゴミ袋の口を縛っても、まだ臭いがする…。

そんな時はその上からゴミ袋をさらに重ねて縛りましょう。

これでかなり臭いがしなくなります。

2枚のゴミ袋でガッチリと臭いをカバーしましょうね!

③次からはゴミの出し忘れに気をつけるという意思を持つ

臭いがしなくなったので、これで虫も発生しづらくなり、臭いもかなり軽減されました。

これでなんとか次のゴミの日までしのげそう…ですよね?

最後に、「次は絶対ゴミ出しを忘れないぞ…」という意思を持ちましょう。

今後このようなショックは無くしたいですよね…!

ソルト
ソルト
一緒に気をつけていきましょう…うう…

 

ゴミを出し忘れても慌てないで!この方法で乗り切ろう

ゴミを出し忘れた時のあの絶望感と焦りはできれば味わいたくないですね…。

出し忘れた時は慌てずに!そっともう1枚ゴミ袋を用意してこの方法を試してくださいね!

次のゴミの日まで、なんとか乗り切りましょう。

応援しております〜!